読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

successIPO (IPO準備会社を応援するブログ)

IPOコンサルタントをしている公認会計士が、IPOを目指している(又はこれから目指す)企業さんやIPO業界関係者の方にとって参考になる情報を提供していきます。

(14) 読書録

(読書録)会社を売るために知っておきたいこと

IPOの参考書籍ではありませんが、読書録として紹介しておきます。 会社を売るために知っておきたいこと 新品価格¥2,160から(2014/9/8 22:50時点) 著者は、新日本監査法人の松尾会計士で、「これから会社を売ろうとする経営者」に平易にM&Aのことを説明する…

(読書録)自分でやった方が早い病

読書録です。自分でやった方が早い病自分でやった方が早い病 (星海社新書)新品価格¥886から(2014/9/8 22:51時点)IPO準備会社でも、よく発生・重度化している「自分でやった方が早い病」に関する書籍です。 主な病状は、「まわりの人への任せ方がわからない…

(読書録)ライフネット生命 「直球勝負の会社」、「ネットで生保を売ろう」

かなり久しぶりの読書録です(この最近、読書量が減ってしまっています(涙))。これまでの生保業界ではタブーとされていた「保険料の原価」を開示したこと等でマスメディアで取りあげられることが多い「ライフネット生命」の経営陣の著書を読んでみました…

(読書録)経営者の会計実学

長年、信越化学工業のCFOを務めた、金児昭氏の著書です。 金児氏は、日本の会計慣行が「単体中心」だった時代に(「連結」が制度化されるかなり前から)、「連結」の導入を強く提唱した方としても知られています。 また、会計士試験に3度受験し、合格できな…

(読書録)組織を伸ばす人、潰す人

前回記事につづいて、柴田励司氏の著書をもう1冊読んでみました。組織を伸ばす人、潰す人 (PHP文庫)新品価格¥596から(2014/9/8 23:04時点)著者が外資系の人事コンサル企業におられた時の経験をもとに書かれた書籍とのことで、かなり大きな「組織」を対象と…

(読書録)どうしてあのヒトはできるのだろう。

先月まで、カルチュア・コンビニエンス・クラブ社の代表取締役COOだった、柴田励司氏の著書です。どうしてあのヒトは、デキるのだろう。中古価格¥37から(2014/9/8 23:02時点) しばらく前ですが、著者本人の講演を聞く機会がありました。 本書に書かれた…

(読書録)医薬品クライシス

・サブタイトル 「 78兆円市場の激震 」・本の帯のキャッチコピー 「 崇高な使命、熾烈な開発競争 飛び交う大金、去っていく研究者 2010年、もう新薬は生まれない 」に興味を惹かれて読んでみました。医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)新品価格…

(読書録)孫正義 世界20億人 覇権の野望

久しぶりの読書録です(この最近、なんとなく多忙のため読書量がだいぶ落ちてしまっています・・・)。孫正義 世界20億人覇権の野望新品価格¥1,944から(2014/9/8 23:07時点)約半年前に、↓の本を読みました(過去記事:(読書録)孫正義 起業のカリスマ(09/…

(読書録)社長解任 株主パワーの衝撃

面白い本でしたので紹介します。社長解任 株主パワーの衝撃 (Mainichi Business Books)新品価格¥1,028から(2014/9/8 23:11時点) 帯には、 『アデランスの社長はなぜ「クビ」になったのか? 数々の経営権を巡る紛争を勝ち抜いてきた辣腕弁護士たちが初めて明…

(読書録)影響力の武器

久しぶりの読書録です。 (2ヶ月くらい、「事情」により読書量が減ってしまっていました・・・)影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか新品価格¥2,916から(2014/9/8 23:14時点)元同僚がブログで紹介・推薦していたため読んでみました。本書は、…

(読書録)俺は中小企業のオヤジ

スズキの社長(兼会長)の鈴木修氏の著書です。俺は、中小企業のおやじ新品価格¥1,836から(2014/9/8 23:16時点)以前、TV番組「カンブリア宮殿」で同氏が出演したときに、凄い経営者だなぁと感じていたため同書を読んでみました(これが初めての著書だそうで…

(読書録)600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス

明後日(17日)、マザーズ上場をするクックパッドに関する書籍です。600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)新品価格¥821から(2014/9/8 23:17時点)同社の創業者である佐野氏が、 「毎日の料理を楽しみにすることで、心からの笑…

(読書録)孫正義 起業のカリスマ

最近、業務がとても忙しくブログ更新が停滞気味です。。。。。 本書は、ソフトバンクの孫正義氏の人生録です。孫正義 起業のカリスマ (講談社 α文庫)新品価格¥1,008から(2014/9/8 23:07時点) 同氏の生い立ちから、1998年位までのことが書かれています(05年…

(読書録)アーサーアンダーセン消滅の軌跡

エンロン問題を機に、消滅してしまった名門会計事務所「アーサーアンダーセン」に関する実録本です。名門アーサーアンダーセン消滅の軌跡―公正な監査とリスク管理のプロ集団に何が起こったか元社員らが書いた内幕ストーリー (SPRINGER EXECUTIVE EDUCATION S…

(読書録)吉越浩一郎氏の著書一式

久しぶりに読書録を書きます。元トリンプ日本法人社長の吉越氏の著書を一冊読んだところ、かなり感銘を受けてしまい、同氏の著書をまとめ読みしてしまいました。2分以内で仕事は決断しなさい新品価格¥1,512から(2014/9/8 23:24時点) 革命社長新品価格¥1,51…

(読書録)愚直に積め!

先日の「社長自身が変態(成長)すること」というテーマで記事を書きましたが、これの関連書籍(2冊目)です。 愚直に積め!―キャピタリストが語る経営の王道・99中古価格¥105から(2014/9/8 23:34時点)著者の辻俊彦氏は、住信インベストメントでハンズオン…

(読書録) はじめての課長の教科書

中間管理職層の人向けに書かれたノウハウ本です。新版 はじめての課長の教科書新品価格¥1,620から(2014/9/8 23:46時点)課長が学んでおくべき ・8つの基本的スキル ・課長が巻き込まれる3つの非合理なゲーム ・避けることができない9つの問題 ・課長のキ…

(読書録)この国を作り変えよう

マネックスの松本大氏と、経営共創基盤の冨山和彦氏(元産業再生機構)の共著です。 サブタイトルは、「日本を再生させる10の提言」 本書の帯には、 『問題の本質は「若者の所得を収奪する団塊世代」である。日本の指導層がひた隠す「不都合な真実」を40代…

(読書録)社長の器

GCAの佐山展生氏の著書です。 (副題は「経営のプロを目指す君たちへ」)企業価値向上論講義 社長の器新品価格¥1,728から(2014/9/8 23:48時点)本書は、佐山氏が教えている「企業価値向上論」講座(一橋大学大学院のMBAコース)の講演を、書籍化して紹介して…

(読書録)千載一遇の大チャンス

著名な経済評論家の長谷川慶太郎氏の著書です。千載一遇の大チャンス新品価格¥1,728から(2014/9/8 23:50時点) この本の触れ込み(紹介文)は、『この金融危機で一番有利な国は日本だ。 「日本株」はかならず大きく買い直される。米国主導体制はゆらがず、日…

(読書録)最強の経営参謀

企業経営における『CFO』の重要性が、面白く・わかりやすく書かれている書籍です。世界のビジネスを変えた 最強の経営参謀新品価格¥1,620から(2014/9/8 23:53時点) 著者の山田氏は公認会計士で、大手国際税務事務所のパートナーとなった後、CFOとして香港企…

(読書録)会計課長 団達也が行く!

会計課長 団達也が行く! (NB Online book)中古価格¥1から(2014/9/8 23:55時点) 「餃子屋と高級フレンチではどちらが儲かるか?」などの著書がある林 總氏(会計士)が書いた小説です。超エリートの主人公(団達也)が理由あって冴えない中堅企業に入社し、…

(読書録)法廷会計学 vs 粉飾決算

法廷会計学VS粉飾決算新品価格¥2,376から(2014/9/8 23:56時点) キャッツ株価操縦事件の共犯容疑で逮捕・基礎され、現在最高裁に上告中の細野会計士の著書です。 (「公認会計士 VS 特捜検察」の著者というほうがわかりやすいかもしれません) 本書は、小説…

(読書録)察知力

察知力 (幻冬舎新書)新品価格¥799から(2014/9/8 23:59時点) プロサッカー選手 中村俊輔氏(セルティック所属)の著書です。元同僚が本書を推薦していたので読んでみました。内容は、中村氏自身が少年時代から現在までのサッカー人生において、各々の局面に…

(読書録)ウチのシステムはなぜ使えない

ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学 (光文社新書)中古価格¥1から(2014/9/9 00:08時点) 「システム導入がうまくいかない」、「システム会社の対応が不満だ」などと苦労されている会社さんが多いなか、その背景が少しでもわかればと思い読んで…

(読書録)デキる上司の伝える力

デキる上司の伝える力新品価格¥1,512から(2014/9/9 00:14時点)船井総合研究所の社長の小山政彦氏の著書です。 同氏は、36歳という年齢で同社に入り、コンサルタントとして大活躍され社長にまでなられた凄い方です(現在もトップコンサルタントとして活動中…

(読書録)上場ベンチャー企業の粉飾・不正会計失敗事例

上場ベンチャー企業の粉飾・不正会計、失敗事例から学ぶ―ケースブック新品価格¥2,592から(2014/9/9 00:13時点) 新興市場上場企業を中心に、粉飾や不正会計によって上場廃止などになった会社がまとめられています(全54例)。1社あたり3ページ程度で、会…

(読書録)司法に経済犯罪は裁けるか

司法に経済犯罪は裁けるか新品価格¥1,680から(2014/9/9 00:12時点) キャッツ株価操縦事件の共犯容疑で逮捕・基礎され、現在最高裁に上告中の細野会計士の著書です。 (「公認会計士 VS 特捜検察」の著者というほうがわかりやすいかもしれません) 本書でも…

(読書録)りそなの会計士はなぜ死んだのか

りそなの会計士はなぜ死んだのか新品価格¥1,404から(2014/9/9 12:33時点) いつか読もうと思いながら読んでいなかった本を読んでみました。03年4月に亡くなられた朝日監査法人の会計士(シニアマネジャー)は、国有化目前だったりそな銀行の担当会計士だった…

(読書録)株式市場は現在進行形

株式市場は現在進行形新品価格¥1,728から(2014/9/9 12:36時点) 過去記事 「幻想価格」>「現実価格」?において、JPモルガン・アセット・マネジメント 太田忠氏が書かれたウェブ記事を紹介しました。 その太田忠氏の著書があったので読んでみました。内容と…

(読書録)勝間式「利益の方程式」

昨今注目されている勝間和代氏の著書はこれまで何冊も読んでいますが、元同僚のブログで紹介されていたこともあり、本書も読んでみました。勝間式の「万能利益の方程式」として、 (顧客あたり単価−顧客あたり獲得コスト−顧客あたり原価)×顧客数 を説明し、…

(読書録)社長が求める課長の仕事力

しばらく前の日経新聞に本書の広告が大きく載っていたので読んでみました。著者の方は、約40年間で、社長や業績アップ・企業再生コンサルタントとしての立場で2,000社を見てきたそうです。目次は、このようになっています。 第1章 課長に求められるリーダー…

会社を替えても、あなたは変わらない

ジャスダック上場企業のオプトの海老根社長の著書です。 個人のキャリア形成についての、同氏の考え・メッセージが書かれた本です。『転職することだけで自分が成長する、すなわちキャリアアップできると信じていると信じている人が多いが、それは大きな間違…

(読書録)私が絶望しない理由

著名人9名へのインタビューをまとめた書籍です。 (渡邉美樹、たかの友梨、武田早雲、森永卓郎、大石佳能子、鈴木亜久里、中村紀子、清宮克幸、西室泰三)それぞれ、現在はそれなりに成功されている方々ですが、どん底の厳しい状況を乗り越えて現在に至って…

(読書録)人を動かす人になれ

日本電産社長の永守重信氏の著書です。 M&Aを多用しながら急成長してきた同社の経営について感心があったこともあり読んでみました。 感想としては、この人は凄いの一言です。 永守氏は1年365日仕事に賭けています。 まず自らに対して一切の妥協を許さない姿…

(読書録)やっぱり変だよ日本の営業(宋文洲)

ソフトブレーン(東証1部)の創業者である宋文洲氏の著書です。先日、ソフトブレーン社関係の方のお話をお聞きする機会がありました(その後本書を頂戴しました。有難うございました。)。営業の現場を、旧式の俗人的な営業スタイルから、ITを活用したプロセ…

(読書録)不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意

06年10月までダイエーの会長兼最高経営責任者(CEO)だった林文子氏の著書です(同氏は08年3月にダイエー取締役副会長を退任されました)。ダイエー前の経歴は、自動車販売(BMW、フォルクスワーゲン)で伝説的な台数を売り上げたスーパーセールスレディとの…

(読書録)「法令遵守」が日本を滅ぼす

東京地検特捜部や長崎地検次席検事などを務められた郷原氏の書籍です。私たちからみると、「法令遵守」を叫ぶ側(検察)のお立場だった方が、このようなタイトルの書籍をだされるとは何だろう?と思い読んでみました。これまでに起こってきた「法令遵守」に…

(読書録)一生ものの仕事の習慣

一生ものの仕事の習慣中古価格¥43から(2014/9/9 00:16時点)船井総合研究所の社長の小山政彦氏の著書です。 同氏は、36歳という年齢で同社に入り、コンサルタントとして大活躍され社長にまでなられた凄い方です(現在もトップコンサルタントとして活動中)。…

会社は頭から腐る

産業再生機構のCOOだった冨山和彦氏の著書になります。昨今の日本企業の衰退は、強い現場がありながら、経営者(経営陣)が脆弱なために起こっているということを、長年のご自身の経験・苦労から力説されています。経営とは人の営為であるとし、各個人を動か…

(読書録)会社の品格

昨年12月に上場したリンクアンドモチベーションの小笹社長の著書です。 従業員に対する接し方を中心に会社の「品格」について書かれています。・従来の会社と従業員の関係 終身雇用 ↓ 年功序列の賃金体系、約束された退職金 ↓ 社員は辞めないことが前提 ↓ 雇…

(読書録)ここが変だよ日本の内部統制

バカ高いコンサル料、うなぎ上りのITコスト 本当にそれでいいの? まだ間に合う”正しい”日本版SOX法対策とは? という副題に惹かれてネット購入(衝動買い)したものです。 ところが、残念ながら私のイメージしていた内容とは違い、ちょっとがっかりでした。…

(読書録)小説会計監査

元中央青山監査法人の理事の方の著書です。 内容ですが、 第1章 ムトーボウ事件 第2章 ABC銀行消滅 第3章 大日本郵便公社民営化 第4章 月光証券会計不正スキャンダル と4つのストーリーが描かれています。小説と銘打っているものの、内容的には、実話をベー…

(読書録)本物の社員になれ! / 「理系」の転職

2冊の本を読みました(頂いた本です)。 2冊とも『縄文アソシエイツ』というヘッドハンティングの会社の方が書かれている書籍です。著者は異なるものの、どちらもその人の人生の事を考えた転職支援を心がけられているということが伝わってくる内容でした。…