読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

successIPO (IPO準備会社を応援するブログ)

IPOコンサルタントをしている公認会計士が、IPOを目指している(又はこれから目指す)企業さんやIPO業界関係者の方にとって参考になる情報を提供していきます。

日本航空 (12年22社目)

上場日: 2012年9月19日
会社名: 日本航空
URL : http://www.jal.com/
・事業内容: 航空運送事業等
・基準期: 2012/3
・市 場: 東証(一部)
・主幹事証券: 大和、野村
・監査法人: あずさ
・証券代行: 三菱UFJ信託
・印刷会社: プロネクサス
・想定発行価格(円) 3,790
・上場時株数 181,352,000株
・想定発行価格ベース時価総額(百万円): 687,324


(ひと言コメント)
・12年の目玉IPO、会社更生手続により、22年2月上場廃止、約2年半でのスピード再上場

・異例のお盆期間をまたぐIPO
 「当初、上場が承認されるのは8月16日とみられていたが「投資家への説明に十分な時間をかけたい」として承認の日程が早まったとみられる(8/3日経新聞)」
 6/20申請→8/3承認(3月予備申請)

・96.5%の株式を保有している株式会社企業再生支援機構が、保有株を全て売出し(公募増資はなし)

・売出しは国内外で実施(国内売出し131,250,000株、海外売出し43,750,000株) 、主幹事等は以下(ややこしいので会社の説明まる写しです)

?国内売出し
日本国内における売出しとし、大和証券株式会社、みずほ証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、野村證券株式会社及びSMBC日興証券株式会社を共同主幹事会社とする引受人(以下、「国内引受人」と総称する。)に、国内売出しに係る全株式を引受価額で連帯して買取引受させる。なお、国内売出しにおけるジョイント・ブックランナーは大和証券株式会社、みずほ証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社及びSMBC日興証券株式会社とする。

?海外売出し
欧州及び米国を中心とする海外市場における売出し(ただし、米国においては、1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売のみとする。)とし、Daiwa Capital Markets Europe Limited、Merrill Lynch International 及びMorganStanley & Co.International plc を共同主幹事引受会社兼ジョイント・ブックランナーとする引受人(以下、「海外引受人」と総称し、国内引受人とあわせて、以下、「引受人」と総称する。)に、海外売出しに係る全株式を引受価額で総額個別買取引受させる。

国内売出し及び海外売出しのグローバル・コーディネーターは大和証券株式会社とする。

・国内シ団は26社の超大所帯(以下)   

大和証券株式会社
みずほ証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
野村證券株式会社
SMBC日興証券株式会社
岡三証券株式会社 
東海東京証券株式会社 
岩井コスモ証券株式会社 
丸三証券株式会社 
いちよし証券株式会社 
東洋証券株式会社 
水戸証券株式会社 
藍澤證券株式会社 
日本アジア証券株式会社 
郄木証券株式会社 
むさし証券株式会社 
エース証券株式会社 
極東証券株式会社 
ちばぎん証券株式会社 
エイチ・エス証券株式会社 
かざか証券株式会社 
リテラ・クレア証券株式会社 
光世証券株式会社 
株式会社SBI証券 
マネックス証券株式会社 
松井証券株式会社

・スピード再生の原動力(?)として、以下などあり。
  退職給付制度改訂益 = 1,543億円(10/11期単体)
  債務免除益 = 5,837億円(11/3期連結)
  税効果会計適用後の法人税等負担率=0.0%(11/3期連結)、4.2%(12/3期連結)

・元従業員との間の訴訟は未解決(事業等のリスクより)  
  会社更生手続において、大規模リストラを強行したとされていますが、未解決の部分があるようです。

・株主優待(無料航空券)復活!
  3年間継続して株式保有するともらえる割引券が増えるそうです


【参考過去記事】
JALの再IPO、国内外の主幹事証券7社が決定 (ロイター)(12/01/20)