読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

successIPO (IPO準備会社を応援するブログ)

IPOコンサルタントをしている公認会計士が、IPOを目指している(又はこれから目指す)企業さんやIPO業界関係者の方にとって参考になる情報を提供していきます。

これからも頑張ります(雑談記事)

今回は、雑談記事です。
相変わらず「貧乏ヒマなし状態」が続いており、本Blogの投稿もあまり出来ていない状況です。。。。

本日、以前、私が上場準備をお手伝いした会社の社長とお会いしました。
つい先日その方からお客様(候補)の紹介を受けたため、そのお礼をお伝えしたところ、こんな返答をいただきました。

「手伝ってもらって良かったから推薦しただけだよ。報酬をふっかけてくることもしなかったしな。」

私のお仕事はその全てがどなたかからのご紹介案件なのですが、自分がお手伝いして上場会社となられた会社の社長から、別の会社さん(の社長)に推薦して頂けるというのは、本当にうれしいものです(涙)。
(証券会社さんや監査法人さんなど、IPO業界関係者からの推薦というのも勿論うれしいですが)

あと、こんな話も出ました。
「経営者の集まりとかで、上場コンサル会社の話題が出ることあるけど、高い金額払った割に役に立たなかったっていう話をよく聞くぞ」とも言われました。
この話を聞いて、他山の石として気を引き締めなければと思いました。
私が、仕事柄いつも言われることとして、「(上場コンサルに依頼すると)何を・どこまでやってくれるのかがわからない・わかりにくい」があります。
支援内容の性質上、これを明確に説明することは困難(無理)だったりします。
(「申請書類作成に特化したコンサル(アウトソーシング)会社」のようなものであればまだ分かりやすいのでしょうが、「IPO準備全般を支援します」という提案などは・・・・)
そのような状況で、会社(経営者)さんは、一抹の不安(半信半疑)な感覚を持ちながら、それでも「コンサルの支援を受けよう」と決断し、その会社にとって経営上の超重要プロジェクトである上場準備プロジェクトに参加させて下さるわけです。
それが期待外れとなった時のがっかり感というのを想像すると、「期待に応える仕事をしなければ」と改めて思いました。

これからも地道に頑張りたいと思います。